So-net無料ブログ作成

6月の 記憶

ようやく、東京も入梅。

梅雨になると、この歌が なつかしく、甦って来る。


この歌は、懐かしい記憶につながっている。

親元を離れて過ごした、高校生活。

先輩とのさよなら。

片思いで終わってしまった、苦しかった日々のこと。


ほろ苦い、別れの数々。


ユーミンの表現は、なんとも素晴らしい。


「六月は 蒼く煙って  なにもかも にじませている」


「雨のスティション 会える気がして いくつ人影 見送っただろう」




http://www.youtube.com/watch?v=kN11mkJke4M



新しい 誰かのために

わたしなど 思い出さないで

声にさえも ならなかった あのひと言を

季節は運んでく  時の彼方

六月は 蒼く煙って

なにもかも にじませている



雨のステイション

会える気がして

いくつ人影 見送っただろう



霧深い 町の通りを

かすめ飛ぶ つばめが好きよ

心 縛るものをすてて かけてゆきたい

なつかしい腕の中 今すぐにも

六月は 蒼く煙って

なにもかも にじませている



雨のステイション

会える気がして

いくつ人影 見送っただろう


雨のステイション

会える気がして

いくつ人影 見送っただろう





nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

あっと(夫)

ここだけの話ですが、ユーミン 大好きです。
一応、洋楽しか聴いてないことになってますから(笑)

確かに、レコードは洋楽だけでしたが
田舎の高校時代 ユーミン、オフコース・・のコンサートに行ってたんでよ。
内緒で・・・

田舎には、いわゆる「外タレ」なんて一生来ませんからね(笑)






by あっと(夫) (2010-06-20 20:33) 

puffpuff

ユーミンの曲は歌詞が泣けます(笑
若い頃はその歌詞に浸ってみたり…
今思うと若かったな~って笑ってしまいます。
大好きなので今もたまに聞きますが
そーかい、そーかいってつっこんだりしているオバサンになっちゃいました(爆
by puffpuff (2010-06-22 13:41) 

Glace

★あっと様

外タレといえば、クイーンとデビット・ボウイのコンサートに行きましたよ。
非日常の世界でした・・・

ユーミン、小田和正さんの歌は、
無理やりでも わが身に重ねることができる。
日常が、こんなにきれいな言葉で表現できるんだなって
ワタシも輝けるかしらって・・・(^_^)





by Glace (2010-06-22 14:54) 

Glace

★puffpuffさん

ユーミンの歌詞と、ダンナさんがアレンジしたメロディが、
なんともステキにマッチして、泣けましたね。

そういえば、若い頃、浸りきっていた歌を、
最近では客観的に聴けますよね。

歳を重ねたってことですね。。。



by Glace (2010-06-22 14:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。