So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸、浪花で過ごす




生まれ故郷の 神戸を、2年ぶりに訪れた。

ようやく 5月らしい天気に恵まれて、小学校時代からの友人と、他愛もない会話を

長く ゆっくりと 語り合った。


10.GW2.JPG



新神戸近くのホテルで イタリアンディナーを食しながら、

友人宅の ベットのに腰掛けて、夜が更けるのも忘れて、

土蔵のような 珈琲店で、 お茶が冷めるのも気にせずに、


10.GW1.JPG



緑深い 神戸の山奥の 懐かしい小学校の姿をみたのは、20年ぶり だろうか。


そして、大阪へ。


ニューオータニのロビーに漂う空気が 好きで、今回も訪れた。


それは、米国 テキサスに暮らしていた時、主人とよくブランチをした ダラスのホテル

Louis Anatol Hotel」 の、広いロビー 10階近くまで 吹き抜けになっていた 高い天井

その空間に、よく似ていて 懐かしく 惹かれる。



今日は一人で、時間を過ごしてみよう。

夕食も一人で、蕎麦屋の料理


10.GW.JPG




部屋で、ゆったりと音楽を流し、バスタブにつかる。

時間を気にすることもない。 ひとり なのだから。

コーヒーを入れて、飲む。


TVの 他愛もない 画面を ぼぅっと眺めながら、 ベットの上で、うつらうつらと

時を過ごす。


東京では けして過ごせない、時間の過ごし方が ここではできる。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

puffpuff

時間を気にせずゆっくりできるっていいですね。
一人でゆったり至福の一時です。
美味しいお料理、懐かしい友、ゆっくりとした時間。
やっとゆるゆる出来たのでは。
by puffpuff (2010-05-06 10:47) 

Glace

★puffpuffさん

そうなのです。

やっぱり一人は、いいわぁ~ (^_^)v

神戸の山奥は、まったく時間が止まっていて、単線の電車も駅も、40年前と変わってなくて、不思議ワールドでした。

友人との会話も、ゆるゆると 時間に邪魔されず。
時の流れも、感じないで過ごせました。


by Glace (2010-05-06 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。